研究テーマ

教育観光に役立つWebアプリゲーム制作

斎藤一ゼミでは,デザインとテクノロジーの両側面を生かした研究をしています。
プログラミングに挑戦したい学生さん,デザインの好きな学生さん,大歓迎です。

リサーチトピック
  1. AIを活用したWebアプリコンテンツ開発
  2. 教育学習支援に関する研究・インストラクショナルデザインに基づく教材制作
  3. ゲーミフィケーション・シリアスゲームに関する研究
  4. フィールドワークに基づいた観光コンテンツ開発

 

AIを活用したWebアプリコンテンツ開発

AI(人工知能)等のテクノロジーを生かし,デザイン性も考慮したサイトやアプリの開発を行います。人間同士または人間とコンピュータとのインタラクションを支援することで新しい価値を生み出すWebやアプリ等の開発を目指しています。

 


 

教育学習支援に関する研究・インストラクショナルデザインに基づく教材制作

教育学習における問題点を調査し,ICTを活用することで問題を解決することを目指します。また,インストラクショナル・デザイン(ID)に基づいて,様々なICT(主にWeb制作技術,CMSやLMS等)に関する教育・学習教材の制作も行います。

 


 

ゲーミフィケーション・シリアスゲームに関する研究

ゲームデザイン考え方の活用ゲーミフィケーションと呼びます。また,シリアスゲームとは,社会の問題解決に利用されるゲームを指します。斎藤一ゼミでは,観光教育を対象としたゲームの活用について研究しています。

 


 

フィールドワークに基づいた観光コンテンツ開発

フィールドワークとは,現地を実際に訪れ,資料の収集や関係者へのヒアリングやアンケート調査を行い,客観的な成果を挙げるための学術研究技法です。フィールドワークにより地域における課題を調査します。また,ICTの活用により課題解決を目指す作品(アプリ,サイト,パンフ等)を制作します。